成功へ導くMt4のセットアップとは?(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

成功へ導くMT4のセットアップとは?(動画解説あり)の記事一覧 この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

"成功へ導くMt4のセットアップとは?(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

6日目:副業でも人生を180°変えるほど大きく稼げる訳とは?(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを閲覧するにはパスワードを入力してください。

"6日目:副業でも人生を180°変えるほど大きく稼げる訳とは?(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

4日目:ローリターン戦略(高勝率)(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを閲覧するにはパスワードを入力してください。

"4日目:ローリターン戦略(高勝率)(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

2日目:無料セミナー中にも稼ぐためリアル口座を開設しておく! | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを閲覧するにはパスワードを入力してください。

"2日目:無料セミナー中にも稼ぐためリアル口座を開設しておく! | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

4日目:ミドルリターン戦略(中勝率)(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを閲覧するにはパスワードを入力してください。

"4日目:ミドルリターン戦略(中勝率)(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

プロジェクト発足のご挨拶 | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

にご参加いただきありがとうございます。 本セミナーで講師を務めます佐藤でございます。 よろしくお願いいたします。 今回、本プロジェクトに参画されている他のメンバーから、 「ご参加者様を成功に導けるのは、天国と地獄の両方を知っている佐藤しかいない!」 という、無理強いに近い!?熱烈なオファーをもらい、かなり悩んだのですが、 「自己の運用に差し支えない範囲であれば・・・」 「お客様に対してもダメなものはダメと偉そうに言うことも認めてもらえるのなら・・・」 という条件を無理やり飲み込んでもらい、僭越ながら講師をさせていただくことになりました。 そういうことで、精一杯頑張りますが、多少レスポンスの遅い時もありますし、超、偉そうに言うこともありますが、よろしくお願いいたします。 まぁ、そんな私のスタイルに耐えられない性格の方や耐えられる自信のない方は、悪いことは言いませんので、今のうちに辞退しておいてください。 タダでもストレスのたまりがちな世の中ですので、無理をしてまでストレスを感じる必要などありませんから。 そして、お願いがあります。 あくまでも、私のことは棚に上げて言っておきますが、 ですので、万が一、資金の無い方は本業以外にコンビニ等で夜間のアルバイトをしてでも8万円ぐらいは稼いでおいて下さい。 などと泣きごとの様なネガティブなメールを送ってくる暇があるぐらいなら、その前に・・・ です。 私は稼ぐ方法を教えることができても、そういう人にお金を差し上げることはできませんから・・・・ (別に8万円ぐらいですので、キャッシング、もしくは、競馬やパチンコで軍資金を作っていただいてもあなたの勝手なので私は全然構いませんが、借金やギャンブルで稼いだお金はギャンブル的なトレードで必ず失いますので、しんどい思いをして稼ぐことが重要です。) では、簡単に自己紹介だけさせていただいておきます。 私は、日興証券(現SMBC日興証券)出身で、現在、現役の専業オプショントレーダーです。 (大学の同級生が社長をやっている北浜の投資助言会社でも色々とお手伝いをさせてもらっています。) かつて、バイナリーオプションで調子に乗り過ぎ、一時、数千万円の損失を出して、地獄に落ちかけたことがありました。 思い起こせば、たった1日で新車のレクサスを買えるぐらいに稼いで、たった1日でレクサス2台分を失ってしまうといった、出入りの激しいトレードでした。 流石にその時には、眠っている時、夢にまでバイナリーオプションプラットフォームでオプション価格がチカチカと変化している画面が出てくるぐらい、メンタルがやられていたことを今でも思い出してしまいます。 (余談ですが、あたかも学生時代にパチンコの一発台「スーパーコンビ」にハマりすぎて、一発が掛った時のあの「かっこう」♫のメロディーが、夢の中でも流れていた時のようでした。) その時の非常に辛く苦しい思いをきっかけに、徹底的に「勝率」にこだわったバイナリーシステム開発に着手したのです。 何故なら、バイナリーオプションで稼ぐのは、「勝率」が全てと言いきれる極意をやっとのことで悟ったから・・・ (ちょっとメンタルがおバカになっていたので遅すぎですが・・・) 本プロジェクトに参画しているメンバーの協力で進めることができたシステム開発の効果もあり、現在では最低でも月利40%超を達成し安定した運用を続けています。 (信じられないかもしれませんが、そっちの方がメンタルが邪魔をしないので楽々勝てます。) 今回、ご縁があってこのセミナーにご参加された方は、無茶苦茶、です。 何故なら、あなたの代わりに私が「絶対やってはいけない事」をやってしまって、既に大失敗を経験しているからです。 つまり、あなたの代わりに数千万円という損失を出してやっとの思いで辿り着いた「バイナリーオプションでの稼ぎ方」を私のように地獄の淵を見ることもなく、しかも1週間程度という超最短期間、「無料」で学べるからです。 あなたは、妄想的な悪い夢など見ないで熟睡してもらって構わないということでです。 これまで見ていた「良い夢」を実現させてくれればOKです! とにかく、このような機会は、そうそうあるものではありません。 是非、このチャンスをあなたのものにして欲しいと心から願います。 さぁ、いよいよ明日から1日目の講義、が始まります。 ※この講義の記事には、認証パスワードを設定していませんので、今日の内に予習をしておいてもらってもOKです。 では、お楽しみに! 追伸 本セミナーについての注意点です。 ■お問合わせメールアドレス seminar★bo-richproject.com(★を@に変えてお送りください。) 一応、お問合わせ用のメールアドレスをご用意していますが、ご参加者様全員で情報を共有したいので、出来る限り各記事のコメント欄でお問い合わせください。 そこで、改めてとなりますが・・・ (ご自身でそれぐらいの努力ができないと投資では稼げませんので、あえて言っておきます。) (問題の切り分けぐらいできないと、投資では稼げませんので、あえて言っておきます。) 実践で稼ぎながら勉強できるせっかくの機会となりますので、事前にリアル口座の開設なども行っておいてもらえると良いかもしれません。 IG 証券「FX バイナリーオプション」デモ口座開設マニュアルを下記からダウンロードしていただけます。 ● IG 証券「FX バイナリーオプション」リアル口座開設マニュアルを下記からダウンロードしていただけます。 ● KK 2、3日前に登録したと思うのですが その後音沙汰ないです どうなってますか binary KK様 お問い合わせありがとうございます。 お調べしたところ確かにご登録をいただいており、本登録となっておりましたが、私の個人的な判断で「誠意に欠けるご登録名」だと判断して、こちらで勝手に配信を解除しております。 私も講師をさせていただく以上、真剣にやらせていただいておりますので、悪しからずご了承ください。 森本曉明 佐藤様、お世話になります。1週間前からバイナリーオプションを始めましたが、負け続けています。真剣に学びますので宜しくお願い申しあげます。65才まで会社員、退職時に個人事業登録した68才の男性です。 福原 お世話になります。私も森本さんと同様にバイナリーオプションを始めて2週間たつのですがほとんど負けています。何とかしたいと思っているのでご指導をお願いします。 高橋恵一 バイナリーオプションは実践した事は無いですが イメージとしては判断の基準が仮にあったとしても 勝ち続ける事は難しそうに思っています。 その気持ちが変えられるかな?…

"プロジェクト発足のご挨拶 | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

7日目:業者がビビってしまう超高勝率パラメーターの調整方法とは?(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを閲覧するにはパスワードを入力してください。

"7日目:業者がビビってしまう超高勝率パラメーターの調整方法とは?(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

7日目:一気に駆け上がるための超高勝率設定のバックテスト方法とは?(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを閲覧するにはパスワードを入力してください。

"7日目:一気に駆け上がるための超高勝率設定のバックテスト方法とは?(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

3日目:暴利をGETし易いパソコンでの発注方法について(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを閲覧するにはパスワードを入力してください。

"3日目:暴利をGETし易いパソコンでの発注方法について(動画解説あり) | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1.0バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』http://bo-richproject.combinaryhttp://bo-richproject.com/author/binary3日目:暴利をGETし易いパソコンでの発注方法について(動画解説あり)rich600338
保護中: 3日目:暴利をGETし易いパソコンでの発注方法について(動画解説あり)

"1.0バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』http://bo-richproject.combinaryhttp://bo-richproject.com/author/binary3日目:暴利をGETし易いパソコンでの発注方法について(動画解説あり)rich600338
保護中: 3日目:暴利をGETし易いパソコンでの発注方法について(動画解説あり)
"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格 ●イン・ザ・マネー イン・ザ・マネーは、「ITM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値がゼロ(0)より大きい状態(有利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にイン・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「利益が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が110円の時にオプションの権利行使をすると、市場では110円で高く買うところを100円で安く買うことができるため(10円の利益が発生)、このような状況では権利行使をすると利益が得られます。 ・コールオプションの場合:原資産価格>権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ●アウト・オブ・ザ・マネー アウト・オブ・ザ・マネーは、「OTM」とも呼ばれ、オプションにおいて、本質的価値を有していない状態(不利な状態)のことをいいます。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアウト・オブ・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」です。すなわち、コール・オプションでは、行使価格が市場価格を上回る場合、またプット・オプションでは、行使価格が市場価格を下回る場合を指します。例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が90円の時にオプションの権利行使をすると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出ることになり、このような状況では権利行使をすることはありません。 ・コールオプションの場合:原資産価格<権利行使価格 ・プットオプションの場合:原資産価格>権利行使価格…

"1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』"

1日目:あなたの人生を180°変える「バイナリーオプション」とは? | バイナリーオプション『BO“夢の実現”プロジェクト』

※教材用高勝率システムの配布はセミナー5日目です。 楽しみにして、それまでに基本をしっかりと学んでおいて下さい。 最初の講義は、『「バイナリーオプション」とは?』です。 バイナリーオプションがどんなものなのか、既にご存じの会員様も多いと思います。 但し、このセミナーでは、初心者の方を前提にして進めて行きます。 ですので、上級者の方も良い機会ですので、基本から学び直して欲しいと思います。 それでは、「バイナリーオプション」とは?についてご説明して参ります。 バイナリーオプションとは、2つの言葉が組み合わされた複合語です。 「バイナリー」は「2つの」という意味 「オプション」は「選択肢」という意味 ですので、 一般的に金融用語で「オプション」というのは金融デリバティブ商品(金融派生商品)の一つであり、バイナリーオプションはそのオプションに非常によく似た金融商品という位置付けになり、ヘッジ取引等に利用されるケースが多いものです。 ※ただ、利益率の高い取引ができるためヘッジではなく単独でのトレードを行います。 「2つの選択肢」というのは、 ことになります。 すなわち、 と言っていいと思います。 例えば上のグラフで、あるタイミングで「清算時間において、エントリーした価格(権利行使価格も同じとします)よりも上昇する」と予測し、オプションを買い付けたとします。 清算時間にエントリー価格を上回れば、そのオプションでは勝ち(ペイアウト発生)となります。 逆に上昇を予測したオプションが下落して清算されると負け(ペイアウト発生なし)となり、エントリー時に使用した資金が失われることになります。 この場合、結果は2通り(バイナリー)しかありませんので、理論上は1対1のジャンケンと同じ勝負の確率となります。 しかし、バイナリーオプションの各社ブローカーでは取引手数料を設定しているので、予測が当たっても投資金の2倍を受け取るというわけではありません。 ペイアウトが発生した場合に、投資金と勝ち分に相当する成功率を加えた金額を獲得することになります。 ここで言う成功率のことを「ペイアウト率」と言います。 一般的に75~85%に設定されていることが多いようです。(アット・ザ・マネーのオプションの場合) つまり、100という資金のオプションを建てた場合、予測が当たってペイアウト(この場合80%のペイアウト率とします)が発生すると180の資金として口座に戻ってくることになり、逆に予想が外れると100が失われることになります。 バイナリーオプションの取引口座内では最初に100が差し引かれて、勝ちの場合に180を受け取り、負けの場合に受け取れない(ゼロ)というやり取りが行われます。 厳密にジャンケンの概念では相手に勝ったら資金が200となり、相手に負けたら0となる(あいこの場合は延長戦)のですが、バイナリーオプションではブローカー側が受け取る取引手数料が設定されていますので、長期的に予測が当たる確率が50%だとすると、資産が減っていくことになります。 同時にブローカー側では、顧客の1トレード平均20ポイント分程度の利益が発生するということになります。 一方で、ペイアウト率100%というバイナリーオプションを提供している一部のブローカーも存在します。 ペイアウト100%を提供している場合は、ある一定レンジの幅(黄色)を設けて、この範囲内で清算された場合は「上昇予想も下落予想もどちらも負け」という処理が行われます。 ジャンケンで言えば、「あいこも負け」ということになります。(ジャンケンのあいには、レンジ幅はありませんが・・・) FXでいうと、スプレッドに相当する取引コストがこの黄色の部分に相当することになります。 このように、バイナリーオプションでは、一般的なFX取引よりも手数料が大きいのが特徴で、これは最大のデメリットと言えるでしょう。 しかし、バイナリーオプションにはデメリットを上回るメリットが存在します。 まず、です。 大阪取引所に上場する日経225先物オプションは、全てのポジションは毎月1回の満期時(SQ)に清算されます。 一方、ここでご説明しているバイナリーオプションでは、長くても1日、短い場合は30秒で勝敗が決まるものがあります。 従って、 です。 ただし、裏を返すと資産を一気に失ってしまうリスクともなりますので、相場を適切に読み取る力が必要となります。 ポジション取りに根拠がなく、値頃感でトレードしても勝率は精々50%くらいです。 勝率50%では資産は増えていかないことは、先にご説明したとおりです。 ポジション取りの根拠となる優秀なトレードシステムを参考にする必要があると思います。 さらにバイナリーオプションはことがメリットです。 1,000円程度からトレードできるブローカーもあるようですので、お小遣い程度の資金で始められるというのが特徴的です。 しかも、各トレードごとに投資金が設定できますので、負けてもそのというのもメリットです。 この特徴はギャンブルに似ており、バイナリーオプションがギャンブルであると思われてしまう傾向があるのが、この特徴から由来していると考えられます。 また、FXではあり得ない現象なのですが、バイナリーオプションのオプション価格には相場状況により、非常に魅力的な価格が提示される場合があります。 バイナリーオプションは定期的に満期(清算)が到来しますが、ポジションを取ろうとする当該時間帯のオプション価格というのは、前の満期までのボラティリティ(値動きの質)を参考に決定されますので、相場状況が大きく変わったときなどで、通常ではあり得ないようなオプション価格が提示されることがあります。 ここでは詳細にご説明しませんが、ファンドマネージャー等のプロがオプションに注目するのが、このようなオプションの特性があるからなのです。 バイナリーオプションも同じ特徴があり、この価格の歪みを狙う専門のトレーダーもいるようです。 このような歪みをシステムで監視するとなれば、非常に有効なエントリーシグナルを検知することができることになります。 また、価格の歪みだけでなく、相場にはテクニカル的に重要なポイントが必ず存在します。 本プロジェクトでは様々なバイナリーオプション用トレードシステムの開発を行っており、一見、ギャンブルと思われるバイナリーオプションの世界で有効な予測システムを使って、効率的に賢く稼いでいます。 ここで説明したバイナリーオプションの資金効率がよくて短時間に結果が出る、そして、少額でもできる金融商品というメリットに本プロジェクトで習得していただくノウハウを加えていただくことで、ことはご想像いただけると思います。 1日目の講義はこれで終了します。 明日、2日目の講義、からどんどん内容の密度が濃くなっていきますので、気合いを入れてスタンバイしておいてください。 では、本日はお疲れ様でした。 ★今回、必ず覚えておいて欲しい用語 ●アット・ザ・マネー アット・ザ・マネーは、「ATM」とも呼ばれ、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。 一般にアット・ザ・マネーは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」です。すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。例